日記

今年二度目のバイト面接、またバックレてしまった。おい神様、哀れな僕を救済しろ。

高層ビルの屋上ってなかなか入れない

年明け早々、一念発起して臨んだバイト面接をバックレてしまった僕は深い絶望の海に沈んでいた。

日がな一日、天井を見るかネットをしていた。

求人サイトを見るものの電話をかけるのが怖くなって、毎日何らかの理由をつけて先延ばしにした。

どうせまたバックレてしまうのに果たして応募する意味があるんだろうかと考えてしまい、安易に電話をかけられなくなった。

そうやって二週間近く時間を潰した。

このまま親に迷惑をかけ続けるくらいならば、いっそ死んでしまった方がいいと思った。

僕から発せられる負のエネルギーが周りの人たちに悪影響を及ぼしているような気がしていた。

罪悪感による胸の痛みから解放されて楽になりたかった。

家から少し離れた駅に道路を見下ろせるくらいの高さの場所がある。

誰でも入れるところで、一年の夏にたまたま通りかかったことがある。

その時は、ここから落ちたら逝けるのかななんて思いを巡らせていたけど、まだ見たいアニメがたくさんあったから思いとどまった。

そのことが頭の片隅に残っていて、死ぬときはそこから飛び降りようと決めていた。

万全の状態であったはずなのに再び悪夢が始まったことで、いよいよ人生の潮時だと思い、下見を兼ねてそこへ向かった。

階段を上り、立ち入り禁止エリアの手前で止まり、下を見た。

すると、そこは思っていたよりもずっと低かった。

それもそのはず、6~7階ほどの高さしかなかったのである。

飛び降りが成功するには10階は必要だと記憶している。

失敗すれば重い後遺症に悩まされることになり、今よりも過酷な未来が待ち受けることとなる。

今でもこんなに苦しいのに、これ以上の苦痛に耐えられるわけがない。

十分な高さがあって僕が立ち入れる場所が見つからない限り、当分は自死を選択することはないだろう。

年明け二度目のバイト面接 

充分な休息を取ったことだし、今度こそ行くぞと意気込んで、最寄駅から数駅離れたところに応募した。

面接場所は繁華街にあったから、様々な人間を観察することができた。

浮浪者らしき身なりの老人を何人か見かけ、居心地の良いところだと思った。

サラリーマンや学生ばかりいる町はとても息苦しい。

自分が社会に適合できないんだということを嫌でも分からされてしまう。

その点ここは、治安はあまり良くないものの、僕にとって快適な空間であった。

町の中心部なだけあって多くの人が目に入ったが、自然と女を見定めていた。

数人ほど好みの女がいた。

僕は彼女らの何に惹かれたのだろうか、彼女らは普段何をしているんだろうかと考えていた。

特に帽子を深くかぶった女が印象的だった。

大きな目をしてて、瞼が少し下がり半開きで眠そうな表情の女に見惚れた。

薄い茶髪の前髪が帽子から出ていておでこが透けていた。

以前にも似た人を見たが、けだるげでギャルのような雰囲気を醸し出している女が僕のタイプなのかもしれない。

すれ違うまでのほんの数秒だったが、脳裏に刻み込まれた。

瞼がシャッターなら、あの瞬間僕は何度も瞬きしただろう。

良い女に目が保養され、膀胱に溜まったものを排出したい欲求に駆られた。

近くの建物でそれを済まし、その時に薬を飲んだ。

そして面接が始まる10分くらい前まで本屋で時間を潰した。

本を買うとき、店員とのやりとりで自分のおどおどした様子が妙に客観性を持って頭の中に飛び込んできた。

客としてですらこんな調子なのに、ましてや店員としてまともな対応を取れるわけがないと痛感し、未来への期待感に暗い影が差した。 

5分前に会場に着いたものの、なぜか入る気になれず、そのまま素通りした。

またしても面接に辿り着けず帰路に就いた。

薬のおかげか、全く緊張は感じられなかった。

にもかかわらず店内に入れなかった。

店員に面接に来たことを伝えればいいだけなのにそれができなかった。

店の中で働いている従業員が生き生きとしてて、その姿が僕の目に眩しかった。

怒りを他人にぶつけない僕は偉い

帰り道、飽きもせず同じ挫折を繰り返したことに対する絶望と、自分への怒りで叫ばずにはいられなかった。

「バックレキモチェ~!」「あはははははは…クソッ!」

マンションやアパートが乱立していて、僕から放たれた音はボールが壁に当たって跳ねているみたいによく響いた。

その後、空気が凍りついて静寂が辺り一帯を包んだ。

僕を虐げ続けるこの世界に対して、なけなしの力で反抗したのだ。

その瞬間だけ、僕はこの世界の主人公になった。 

周囲の歩行者は、見てはいけないものを見てしまったと言わんばかりに僕を忌避し、距離を取っていった。

昔の僕ならば、マクドナルドの面接帰りの時のように歩行者に当たり散らしていたかもしれない。

だが、今の僕にそんな気力は残っていなかった。

自分の不甲斐なさに打ちひしがれて、声を絞り出すだけで精一杯だった。

自分一人で頑張るのは無理

薬によって緊張がなく、しかもマスクで顔が隠れていて赤面や表情の引きつりが相手から見えない状態なのに、いまだにバックレを繰り返してしまう。

なんで社会不安障害の症状が治まっても行けないんだろう。

ちゃんとした会話や挨拶ができないから?

職場の人の前で自己紹介したり、雑談するのが怖いから?

他人に変な奴だと思われたくない?

明確に原因を解き明かすことは難しいが、おそらく恥をかきたくないということが一番の要因だろう。

会話や挨拶する際のたどたどしさ、社会常識の欠如など、薬ではどうすることもできない部分。

今までまともに人と関わってこなかったことの弊害がここにきて現れた。

普通なら学生時代にやっておくべきコミュニケーションを経験してこなかったから、意思疎通の細かいところがわからない。

嫌なことから逃げてきたけど、幸か不幸か淘汰されずに生き残ってしまったからこんな状態に陥ったのだ。

もう僕は手遅れなんだ。

きっかけがあっても、ことごとくチャンスをドブに捨ててきた。

自力で今の状況を変えることは限りなく不可能に近い。

 

運任せにはなるけれど、神様にお願いする。

やっぱり自分じゃどうしようもないことは神頼みするほかない。

身の丈に合わない願いを毎年叶えろと要求してくる傲慢な大衆と比べ、僕は欲張らない。

店に入って店員に話しかけるその一瞬でいいから勇気をください。

面接さえ受けられれば、そこから先は何とかなるような気がしてる。

その成功体験が小さな光となって僕の行く先を照らしてくれるはずだ。

何度も失敗を繰り返して傷ついてもなお諦めない僕の姿を見て、そろそろ報われて欲しいと思ってるんでしょ?

もしこんなにも頑張ってる僕を救ってくれないのなら、あなたは神様失格だ。

人生で一度もバレンタインをもらったことがない僕は可哀想ですか?

僕は生まれてこの方バレンタインをもらったことがない。

本命をもらったことがないんじゃない、義理チョコすらもらったことがないのである。

どんな陰キャでもお情けで2,3個はもらえるだろう。

日本中見渡しても人生で一度もバレンタインをもらったことがない人間なんて僕以外見つかるとは思えない。

不登校だったとか、保健室登校でクラスメイトと喋ったことがないとか、そういう特別な事情があったわけじゃない。

普通に登校して、授業を受けて、学生生活を送っていたのにだ。

バレンタインデーには嫌な思い出しかない

中一のバレンタインデー。

当日は朝からもらう気満々で席に着いた。

チョコレートを渡し渡される光景が目の前で繰り広げられていたが、まだ始まったばかりだと心をなだめた。

昼休み、心なしかその日はやけに教室にいる人が少なく感じた。

僕と同じくやることがない陰キャ友達が熱心に趣味の話をしてきてくれたからそれを聞いて昼休みを過ごしていた。

するとふいに陽キャが通りかかって

「ほんとは興味ないでしょ。」

と言い去っていった。

図星だったから思わず苦笑いして、彼から視線を逸らし友達の方に視線を戻した。

傍から見たら陰キャの可哀想な姿が教室で目立っていたのかもしれない。

陰キャがチョコをもらえるかどうかを気にしてそわそわする姿はさぞ滑稽だっただろう。

僕の浅はかな魂胆はいとも簡単に見抜かれていたのだ。

今でもたまにこの時のことを思い出しては暗澹とした気持ちになる。

昼休みの間中僕は女子の方をチラチラ見ていて何度も目が合ったが、その度に蔑むような視線を向けらた。

結局何も起こらないまま昼休み、午後の授業と終わっていき、放課後になっても一向に渡される気配はなかった。

帰り際、ロッカーや下駄箱に何か入っていないか確認したりして、でもそこはいつも通りの状態で、落ち込みながら部活に向かった。

部活でも何もなくて、それでも家のドアを開けるその瞬間まで期待していた。

帰り道に呼び出されて二人きりになったところで告白されちゃったりして…なんて妄想をしつつ友達と下校した。

結果、一つたりとももらうことはなかった。

期待外れもいいところだった。

淡い期待は砕け散り、代わりに落胆とともに激しい羞恥心が僕を支配した。

毎年のように母親から「チョコもらった?」と聞かれ「いや。」と答えてきたが、今年もまた同じやりとりを繰り返した。

翌日からホワイトデーまでの一か月間は絶望的な毎日だった。

友達に何個もらったか聞かれたり、何個もらったと報告されたり、僕より下だと思っていたいじめられっ子がもらっていて自慢されたり、散々であった。

僕は僕だけを執拗にいじめてくるこの世界を恨んだ。 

学校中の女子から嫌われていた 

今思えばもらえないのも当然で、頻繁に問題を起こしクラスメイトや先生に迷惑かけていたためクラスで浮いていたし、女子と話す機会はほとんどなかった。

当時、僕は自分を客観視できない問題児で、みんなが僕に対して決して好意的な印象を持っていないことに気付くことなく能天気に中学校生活を送っていた。

それでも小学校の頃に比べたらずいぶんマシにはなっていたんだけれど、元があまりに酷かっただけで相変わらず周囲から浮いていた。

おそらくバレンタインのチョコをもらっていないのは、同じ学年では僕ともう一人だけだと思う。

そいつは暴力的で常に不貞腐れた態度を取っていて友達もいなかった。

僕はそういうレベルの人間と同じように思われていたのだ。

中学校の卒業式に手紙とクッキーをもらった 

卒業式の日に何人かの女子がクラスメイト全員に手紙とお菓子を配っていて僕にも渡してくれた。

手紙だけくれた人と、お菓子をくれた人と、どっちもくれた人がいた。

お情けでくれたのだと思う。

三年の時はかなり異常行動を抑えられており、いじられキャラとしてある程度馴染めていたからなのかもしれない。

もらったお菓子は見た目からして歪で、手作りなのだとすぐに分かった。

小腹が空いていたから食べてみた。

はっきり言ってまずかった。

こんなものが売っていたら絶対買わないだろうと思った。

空腹という最高のスパイスをもってしてもこの味なのだから、相当作るのが下手か、適当に作ったのだろう。

料理としては三流だが、どんな理由であれ他人から手作りのお菓子をもらったという事実は僕を満足させるには十分だった。

しかしこれは2月14日に渡されたわけではないし、そもそもバレンタインではなく卒業祝いのようなものなのでカウントしていない。

母親からのチョコ 

そういえば母から毎年もらっている。

手作りのチョコクッキーやチョコケーキ、たまに市販のチョコレート(ゴディバの)。

別に嬉しいと感じたことはなく、誰からももらえない僕を憐れんでの行為に過ぎないからと気にも留めていなかった。

お返ししないことが何度もあって、その度に僕と母の間に険悪な空気が流れだす。

お返しのことを考えるのがめんどくさくて知らぬ存ぜぬを貫いていたら、ホワイトデーの夜に呼び出されて叱られた。

普通学校でチョコをもらって、親にそのお返しをどうするか相談して色々教えてもらうんだろうが、生憎僕にはそんな経験は皆無だ。

そのためお返しにチョコを買いに行くのが慣れないことで恥ずかしさに勝てず、行けなかったというのもある。

もらっても嬉しくないし余計なお世話だよって思ってた。

去年は適当にコンビニでチョコを買って渡したら喜んでくれた。

後日、チョコが入っていた箱が棚に飾られており、なんだか罪悪感で胸がいっぱいだった。

今年はちゃんといいものを選んで渡そうと決めている。

 

彼女いない歴=年齢は恥ずかしいことだが、それ以上にバレンタインに義理チョコすらもらったことがないという事実が黒歴史になっている。

昨今若者の恋愛離れが声高に叫ばれているくらいだから、彼女ができたことがないのはまだ許されるかもしれないが、僕のような人間はそういない。

絶滅危惧種を見つけるよりも難しいと思う。

もしこのことを告白すれば人間的に何かが欠落していると考えられてしまう。

実際その通りなのだが、可哀想な生物だと憐みの視線を向けられるに違いない。

そう考えるだけで、誰にも見られていないのに恥ずかしさのあまり赤面してしまう。

 

昔からバレンタインデーが嫌いだ。

一生好きになることはないだろう。

これから先この黒歴史を隠し、劣等感に苛まれながら生きていかなくちゃならない。

みんなチョコレート会社の陰謀にまんまと踊らされやがって。

そのせいでとばっちりを受ける羽目になったじゃないか。

つくづく僕は神様に愛されていないなと思う。